出展者も一般の駐車場を利用すればお得です!デザインフェスタ(通称デザフェス)

投稿日:




出展者のみなさん、これって知ってました?

 

ぼくらはこの前出展したときに、東京国際展示場(東京ビックサイト)のスタッフから聞いて実際に利用しました。

 

まず、価格を比べてみましょう。

 

  • 出展者の専用駐車場 ⇒ 1日2100円。2日間の合計4200円。
  • 一般の駐車場 ⇒ 1日1500円。2日間の合計3000円。

 

どうでしょう。両日出展の場合、駐車料金の差は1200円になります!

結構おおきくないですか、これ。

 

場所は出展者用の駐車場の奥まったところで、徒歩でプラス3分ってとこでしょうか(専用駐車場を利用した人はわかると思いますが、広い駐車場の奥まった端っこの方で、入口は専用駐車場の手前にあります)。

 

スポンサーリンク

 

 

利便性はたいして変わらないのにこれだけ駐車料金の差があります。ここだけの話、国際展示場のスタッフも驚いていて、一般の駐車場を利用することをすすめてくれたのです。

 

とはいえ、荷物が多かったり、車に何度もいったりきたりする場合など、出展者の状況次第では専用駐車場の方がいいと思います。

 

料金が高くても利便性が若干いい出展者用の駐車場をとるか、ほんの少しだけ遠くなる通常料金の一般駐車場をとるか、それぞれの状況によりご判断くださいませ。

 

それと、4階の出店ではわざわざ1階まで降りていく必要がありますし、なにかと不便を感じました。

1階の出店の場合のみ、この方法を検討するといいでしょう。

 

※すでに出展者用駐車券をもっている場合、一般駐車場へはいっても払い戻しはできないようですのでご注意ください。

 

参考:【出店者向けアドバイス】ハンドメイドのイベントでは『ツイッター』を活用せよ!

 

悩んでない?ハンドメイド作家におすすめのサービス3つ!

作品づくりの時間を増やすためにも、日々の業務の効率化は大切です。

これまでハンドメイドを制作してネットやイベントで販売してきた経験から、いま利用したいオススメサービスを3つ紹介します。

それぞれの特徴をまとめましたので、いっしょに見ていきましょう!

1位 Square (スクエア)

かんたんにクレジットカード決済を導入できるサービス。

スマホにカードリーダーを差し込めば、スマホを決済用端末として使えます。

月額料金は無料で、決済にかかる手数料は3.25%と格安です。

さらに入金は最短翌日なので、資金繰りの心配が減りそうですね。

このサービスが出てきたおかげで、カード決済が本当に手軽になりましたよ。

いまカードリーダー(4980円)が無料になるキャンペーン中なので、このお得な機会にぜひ試してみてください。


2位 ビスタプリント

販促グッズを手軽に注文できるサイトです。

名刺、チラシ、ラベル、Tシャツといったハンドメイド作家に欠かせないグッズが60種類以上もあり、値段も良心的。

 

素敵なデザインのテンプレートがたくさんそろっていますので、初めて名刺やチラシを作成する人でも安心できますね。


3位 freee(フリー)

クラウド会計シェアNo.1の会計ソフトです。

全国3630以上の銀行口座やクレジットカードと連動し、経理を自動化できます。

やらなきゃいけない面倒な作業を減らせるので使わないともったいないですよ。

そして早ければ早いほどデータ量は増えるため、あとで使い始めるぐらいならすぐにやってみるのがいいでしょう。

無料で試せるので合わなければやめればいいだけです。


まとめ
成功してる人はこうした便利なサービスを上手に利用しているものです。

すこしでも気になるものは、色々と試してみるのが売上アップの近道ですよ。

-イベント出展

Copyright© motogram , 2018 All Rights Reserved.