東京蚤の市に行ってきました。アンティーク雑貨や家具が多く、古書や北欧雑貨もあった!競輪場で開催というのも面白い。京王閣。調布市。

投稿日:




競輪場の「東京オーヴァル京王閣」で2012年5月に初開催したイベント「東京 蚤の市」。6回目の開催となる今回、はじめて行ってきました。

 

第6回東京蚤の市

場所は東京の調布市。京王多摩川駅をおりてすぐです。

 

競輪場での開催なので、入る前からドキドキ!

ボクにとって人生初の競輪場です。

 

東京 蚤の市 京王閣 競輪場

 

入口で入場料の400円を払います。

 

東京 蚤の市 京王閣 競輪場 入口

 

きのう雨だったとはいえ来場客が多い!人気だなぁ。

 

東京 蚤の市 京王閣 調布

 

これでも会場のごく一部。結構広いです。

 

東京 蚤の市 京王閣 京王多摩川

 

ここの2階は北欧雑貨のコーナーでした。これも毎回やってるのかなぁ。

 

東京 蚤の市 京王閣 北欧雑貨コーナー

 

ボクが好きだったのが、ここ!

 

東京 蚤の市 京王閣 古書 アンティーク

 

海外の古い本や絵本がいっぱい並び、みてるだけで楽しかった!

 

スポンサーリンク

 

 

感想

ふだん僕はこうゆうイベントには出展者側で出てるので、お客さんの立場でいくと見方が変わりますねぇ。ディスプレイや接客方法など参考になりました。

 

イベント自体は、北欧雑貨や古書などのコーナーはあるものの、アンティーク雑貨や家具がメインといった印象かな。このまえ出展したロハスフェスタ(第5回ロハスフェスタ in 東京 光が丘公園に出展しました!)と雰囲気が似ています。両方に出展してるクリエイターも多いんじゃないでしょうか。

 

アンティーク雑貨や家具が好きな人には間違いなく楽しいでしょう。昔のアニメ?の上映や子どもが楽しめそうなワークショップも多かったので、子ども連れの家族にもいいかも。

 

それにしても、はじめて競輪場に入りましたが、自転車が走るトラック?コース?には驚きました!あんな急な傾斜を猛スピードで走ってるんですな。

 

賭け事には興味はありませんが、競輪をちょっと見てみたくなりました。こんど行ってみるかもしれません。

 

あ、それと競輪場は撮影禁止だったので写真を撮っていません。あの傾斜はぜひ見てほしいと思ったので残念ですなぁ。

悩んでない?ハンドメイド作家におすすめのサービス3つ!

作品づくりの時間を増やすためにも、日々の業務の効率化は大切です。

これまでハンドメイドを制作してネットやイベントで販売してきた経験から、いま利用したいオススメサービスを3つ紹介します。

それぞれの特徴をまとめましたので、いっしょに見ていきましょう!

1位 Square (スクエア)

かんたんにクレジットカード決済を導入できるサービス。

スマホにカードリーダーを差し込めば、スマホを決済用端末として使えます。

月額料金は無料で、決済にかかる手数料は3.25%と格安です。

さらに入金は最短翌日なので、資金繰りの心配が減りそうですね。

このサービスが出てきたおかげで、カード決済が本当に手軽になりましたよ。

いまカードリーダー(4980円)が無料になるキャンペーン中なので、このお得な機会にぜひ試してみてください。


2位 ビスタプリント

販促グッズを手軽に注文できるサイトです。

名刺、チラシ、ラベル、Tシャツといったハンドメイド作家に欠かせないグッズが60種類以上もあり、値段も良心的。

 

素敵なデザインのテンプレートがたくさんそろっていますので、初めて名刺やチラシを作成する人でも安心できますね。


3位 freee(フリー)

クラウド会計シェアNo.1の会計ソフトです。

全国3630以上の銀行口座やクレジットカードと連動し、経理を自動化できます。

やらなきゃいけない面倒な作業を減らせるので使わないともったいないですよ。

そして早ければ早いほどデータ量は増えるため、あとで使い始めるぐらいならすぐにやってみるのがいいでしょう。

無料で試せるので合わなければやめればいいだけです。


まとめ
成功してる人はこうした便利なサービスを上手に利用しているものです。

すこしでも気になるものは、色々と試してみるのが売上アップの近道ですよ。

-ぶらり旅, イベント出展, ネット副業

Copyright© motogram , 2018 All Rights Reserved.