書体マニアの僕がオススメ!「フォント」を学ぶときに読むべき本、3選!

更新日:




ぼくは一時フォントにハマりまくりました。

線の曲線のまるみや力強さ、それに文字のスペース幅によって印象がガラッと変わる世界に魅了されたんです。

知識ゼロの状態から学んだボクが、メチャクチャ役に立ったなぁ!と感じた本を3つだけ紹介!

ぶっちゃけ、この3冊を読んでおけば、フォントやカーニングの知識は十分つくでしょう!

セリフやスクリプトといった、タイプの違うものを組み合わるときの考え方や、本場ヨーロッパの例を示しながら各有名フォントの選び方がこまかく解説されてます。

ドイツのフォント専門会社ではたらく小林章氏のフォントマニアぶりがよく伝わってきました。

基礎から応用編まで、フォントを活用したい人にとっての必須本!

Helvetica, Univers, Garamond など、デザイナーなら一度は使ったことのある定番書体の成り立ちと効果的な使い方を欧文書体の第一人者である筆者が解説。海外での使用事例写真もカラーで豊富に紹介。生きた知識が身につく一冊です。

「ワインのラベルをデザインしているんだけれど、この書体は使っていいのか?」「高級感のある化粧品のパッケージのロゴによさそうな書体は?」など、書体選びに迷っても、この本があれば安心。海外でも通用する生きた欧文の知識を吸収し、実際のデザインワークに役立てることができます。

カーニング(文字間のスペースを調整する作業)や行間の調整方法などが詳しく説明されていたり、大文字や小文字を合わせたスペースのあけ方など、こちらも専門的な知識が満載の1冊。

デザイナーが組む機会の多い名刺、レターヘッド、招待状などの組版事例や海外のいい組版事例も多数掲載。実際の練習問題と事例紹介を載せることで、組版の力がつくように構成されています。本書を読んだ後は過去の自分の組版をやり直したくなるくらい衝撃的な本です。

この3冊は超オススメの本なので、ぜひ読んでデザインの製作に役立ててみてください。

悩んでない?ハンドメイド作家におすすめのサービス3つ!

作品づくりの時間を増やすためにも、日々の業務の効率化は大切です。

これまでハンドメイドを制作してネットやイベントで販売してきた経験から、いま利用したいオススメサービスを3つ紹介します。

それぞれの特徴をまとめましたので、いっしょに見ていきましょう!

1位 Square (スクエア)

かんたんにクレジットカード決済を導入できるサービス。

スマホにカードリーダーを差し込めば、スマホを決済用端末として使えます。

月額料金は無料で、決済にかかる手数料は3.25%と格安です。

さらに入金は最短翌日なので、資金繰りの心配が減りそうですね。

このサービスが出てきたおかげで、カード決済が本当に手軽になりましたよ。

いまカードリーダー(4980円)が無料になるキャンペーン中なので、このお得な機会にぜひ試してみてください。


2位 ビスタプリント

販促グッズを手軽に注文できるサイトです。

名刺、チラシ、ラベル、Tシャツといったハンドメイド作家に欠かせないグッズが60種類以上もあり、値段も良心的。

 

素敵なデザインのテンプレートがたくさんそろっていますので、初めて名刺やチラシを作成する人でも安心できますね。


3位 freee(フリー)

クラウド会計シェアNo.1の会計ソフトです。

全国3630以上の銀行口座やクレジットカードと連動し、経理を自動化できます。

やらなきゃいけない面倒な作業を減らせるので使わないともったいないですよ。

そして早ければ早いほどデータ量は増えるため、あとで使い始めるぐらいならすぐにやってみるのがいいでしょう。

無料で試せるので合わなければやめればいいだけです。


まとめ
成功してる人はこうした便利なサービスを上手に利用しているものです。

すこしでも気になるものは、色々と試してみるのが売上アップの近道ですよ。

-イラスト販売

Copyright© motogram , 2018 All Rights Reserved.