スコットランドの伝統料理「ハギス」!羊の内臓を胃袋に詰めたクセの強い料理!旅行で食べたのを思い出しました

更新日:




スコットランドの伝統料理「ハギス」!

 

f:id:yutamotohashi:20150104081941j:plain

http://www.thebowbar-sapporo.com/Column13.html

 

そのクセのある風味で好き嫌いがハッキリと分かれる羊の内臓を使った料理です。

説明を読むだけでも、抵抗感を感じますなぁ。

 

茹でた羊の内臓(心臓、肝臓、肺)のミンチ、オート麦、玉ねぎ、ハーブを刻み、牛脂とともに羊の胃袋に詰めてゆでるか蒸したプディング(詰め物料理)の一種である。さまざまなバリエーションが存在し、内臓は主として肝臓が使われるが、心臓や腎臓を使う場合も多い。

ハギス - Wikipedia

 

ボクはイギリス留学していたころ、スコットランドで食べたんですよ。

せっかくだし伝統料理は食べよう!

と仲間みんなで挑戦してみたのです。

 

予備知識としてクセが凄まじく強いのは知ってたのですが、それでも食べきるのはキツカッタ......みんな完食はできなったのを覚えてます。

 

あれから10年以上たってボクの味覚も変わったはず!

なので、また食べてみたいなぁと思うんですよ。

日本で提供しているレストランもあるので、食べたらレポートします。

 

スポンサーリンク

 

 

スコットランドはイギリスを構成する国の1つで、独立するか否かで、このまえ住民投票が実施されてましたねぇ。

独自通貨があったり、英語のアクセントのクセが強かったり、民族衣装としてキルトがあったり、すごくユニークな文化が根付いているんです。

 

ボクのなかで一度住んでみたい国ランキングがあるんですが、スコットランドは上位なんですよ。

数ヶ月でいいので現地で暮らしてみたい!

 

みなさんも、機会があればぜひ行ってみてください。

おもしろい伝統と文化を感じられることでしょう。







-国際結婚

関連記事

Copyright© motogram , 2017 All Rights Reserved.