ペット先進国のアメリカでは「種類を問わず、保健所から犬や猫を引き取り里親になる」のが常識!ペットショップはほとんどありません!

更新日:




ペット 猫の画像

日本はペット文化の後進国といって過言ではないでしょう。

ペットショップは全国各地で数えきれないほどありますし、2012年には動物愛護法がやっと改正され、夜8時以降の展示、販売は禁止となりました。

 

欧米はペットショップが少ない

アメリカではペットショップといった店はほとんどありませんし、オーストラリア人の妻に聞いてもやはり非常に少ないようです。

 

アメリカにはペットショップは滅多にありません。
たった1か所だけ、デパートの中にあったのしか見たことないです。

【ムラコシコラム19】アメリカ人はペットショップでペットを買わない!? - Woman Insight | 雑誌の枠を超えたモデル・ファッション情報発信サイト

じゃぁ、どこで引き取るかというと、

1. シェルター(保健所)で引き取って里親になる。

2. 知り合いや掲示板などで情報を得て会いにいき里親になる。

のが常識です!

日本のペットショップの現状は?

日本のペットショップは売れ残りがでないよう努力したり、それでも残ってしまったらスタッフが引き取るなど行っているようですが、巷では殺処分や保健所に持っていかれるといった話もよく耳にします。

 

ネットでは両者の意見が色々とでてきますが、実際のところは日本全国のペットショップがすべてを販売しきるのは不可能でしょうし、スタッフが引き取り続けることもできないでしょう。

 

そうすると、保健所などに持っていくことが選択肢として入ってきてしまうのだと思いますが、悲しすぎますねぇ。

 

というか、ホントに思うんですが、ペットショップって多すぎません?

ちょっと近所を見ただけでも、そこらじゅうにある印象なんですよ。

そもそも、行き場のないペットが出てくる可能性があるなら、ペットショップを始めてはいけないのです!

スポンサーリンク

 

保健所から引き取る仕組みづくりが必要

ボクは最近ペットショップをみると何故か悲しくなってきてですねぇ。

もちろん大切にしてくれる飼い主さんに引き取ってもらえれば最高でしょうが、みんながみんな、そうもいかないとも思うのです。

 

アメリカに比べて日本の保健所はまだまだ一般的ではない印象で、気軽に立ち寄れる雰囲気なのかどうかさえ想像つきません。ボクが知らないだけなのかもしれませんが......。

 

保健所からペットを引き取るのが一般的になるように、なにかしらの対策ってできないのでしょうかねぇ。なんか納得いかないですな。

ボクはペットを飼うことを決めたなら、保健所や知り合いに聞いたり、ツイッターで探すでしょう。







-ペット

関連記事

Copyright© motogram , 2017 All Rights Reserved.