うつ病で苦しむ人を減らしたいなら、社会は傷病手当金をもっと認知させよ!

投稿日:




制度の革新 写真

みなさん、傷病手当って制度知ってますか?

 

病気やケガで働けなくなったときに、最大1年半にわたって、現金で手当てをもらえる制度です。

 

金額は前年の収入によって決まってくるので一概にいくらとはいえませんが、ボクはこの制度を利用することで、うつ病での休職時、毎月20万以上をもらっていました。

 

ただし、うつ病で休職や退職してて収入源がまったくないにもかかわらず、この制度を知らない人のおおいこと、おおいこと。しらずに過ごしてて、ふとなにかのキッカケで知ったときには手遅れ。もう給付条件に当てはまらない、なんてことがザラに起きているようです。

 

これって不公平だし、おかしくないですか?

 

うつ病やケガで働けなくなった人をサポートする制度なのに、知らない人がおおい現状。はい、どう考えても問題でしょう。

そもそもこの傷病手当について、精神科やメンタルクリニックに通っても、どこにもサインがないですし、医者がこういった制度の存在自体を患者に伝えないことがあるように感じます。

 

スポンサーリンク

 

 

ボクがこの制度を知ったのは、うつ病で苦しんでたとき、まわりの誰も信用できなくて、ひたすら本を読み漁ったことがきっかけでした。それでボクの方から医者に話をして、資金面の心配することなく休職という道を選ぶことができたんです。

 

重度のうつ状態にあったら、頭がおもうように働かないでしょうし、物事を判断したり、調べるのって難しいとおもいます。もう不可能といっていいレベル。そんな状態にある人はどこから傷病手当の情報を手にいれればいいのでしょうか?

 

もちろん丁寧に説明する医者だってたくさんいるでしょう。

ただ、その通った病院やメンタルクリニック次第では、制度じたいを知らずに、資金面から休職や退職といった道を選べない人もでてくるはずです。

 

うつ病が社会問題として認知されてきてるものの、こういった制度自体の認知度はかなり低い。

 

一時のHIVのような大々的にキャンペーンなり、医者から患者への説明を徹底させるなり、精神病をもつ人たちが自然に知識を得られるような仕組みが必要です。

 

ボク自身、この制度によってスゴく助かったので、もしまわりに病気で苦しんでる人や、休職や退職を考えてる人がいるようであれば、傷病手当金の給付条件にあてはまらないかチェックしてみてください。

 

うつ病の人は「傷病手当金」を活用しよう!絶対に利用すべき制度ですよ - まわるブログ。







-うつ体験談

関連記事

Copyright© MO journal , 2017 All Rights Reserved.