好きこそものの上手なれ。1日中イラストを描き続ける妻。ブログのネタ探しに奔走する僕。

投稿日:




好きなことを好きなようにやって生活できるのが羨ましいって?

いやいや、それが一番うまくいく方法でしょ。

だって努力を努力だとおもわず、たんに楽しいからやってるだけなんだもん。

 

だからこそ1日中おなじことをしてても飽きることがない。

寝るひまを惜しんで没頭してることもザラにあるのです。

 

ただ好きなことは時間とともに変化していきます。

では僕と妻のダヌシュカがいま没頭できることはなにか、ふと立ち止まって考えてみました。

絵(イラスト)を描きつづける妻。

色鉛筆の画像

彼女にとってはイラストを描くことがそれにあたります。

きのうは僕がボッチ動物園(ひとりで動物園にいくこと)を堪能してるあいだ、自宅でひたすら絵をかいていました。

 

毎日のように食事をわすれるぐらい没頭するので、ときどき僕から声をかけるほどです。ホントあきれるぐらいの集中力。「もう3時だよ。昼ごはん食べろー!」って。

 

ペンタブを購入したことと、シャッターストックでのイラスト販売をはじめたこと。

この2つのおおきな決断が好影響だったと感じています。

 

いやーでもとなりで見ていて本当にうらやましくなるレベルの没頭具合いなんですよ。

ここまでひとつのことに集中できると世の中がまったく違ってみえるんじゃないかなぁ。

マジで羨望の眼差しをむけてますよ、僕。うらやましい。

 

スポンサーリンク

 

ブログのネタ探しに奔走する僕。

冒険してる画像

毎日なにかしら書くようになって6ヶ月。

想像以上に楽しくブログ運営をつづけることができてます。

 

これもひとえにブログのもつ自由さからだろうなぁー、と感じてます。

 

たったひとつ、書くという行為以外はすべてが自由なんですよ。

内容だってその日の気分によって変えたっていい。

風邪ひいた日にはその内容と解決方法を書いたっていいし、うつ病の体験記を気ままに書いたっていい。

 

日常生活をそのまま反映できるので、日記要素もかねてますよねぇ。

あとから見直したら思い出にひたることだってできるでしょう。

あんまりやりたくないですが…。

 

興味があることをバンバンやり続けていいわけです。

意外とこういった自由度がたかいことってないんですよねぇ、とくにそれで収入を得ようとすると…。

 

たとえば僕が運営してるシルクスクリーンのオーガニックコットンTシャツブランド。

たしかにシルクスクリーン自体が楽しいし、地球環境と生産者にやさしいサステイナブルな素材をつかうのは気持ちがいいんです。心底好きでやってるのも事実です。

 

ただそこにはブログとは違う決定的なことがあって、サステイナブル素材にシルクスクリーンするという比較的おおきな制限が課されるわけです。

 

興味あることは欲張って全部やろうよ!

カメラで興味あるものを撮影する画像

もちろんどっちがいい悪いではなく当の本人が選択すればいいでしょうし、僕みたいに両方をやるほうが心地いいという場合だってあります。

僕は1つが欠けるだけで、もう一方のものにも嫌気がさしてくる気がするんですよ。どうしても比重が重くなりすぎて責任を感じすぎちゃうような…。

 

ひとつに縛る必要はまったくなくて、ぜんぶやってみてから自分にとって

「居心地のいい=バランスのいい」比重でやればいいんじゃない?とおもうんです。

 

ではではまたこんど。

 

それでは、チャオ!







-オピニオン

関連記事

Copyright© MO journal , 2017 All Rights Reserved.