静寂に包まれた真夜中に起こる終わりなき夫婦の闘争。朝起きると寝汗でビッショリ喉カラカラ。風邪ひきますね、これ。

更新日:




夫婦の足だけがブランケットからはみだして見える画像

この時期ってほとほと困ります。

夜寝るときは薄手のブランケットをかけて寝ても、気づくとブランケットは放り出されて床のうえ。ただそれだと早朝さむい。そして目をこすりながらまたブランケットをかけ直す。

毎日のようにこの一連の流れです。

 

それで気づいたら寝汗で身体中がびっしょびしょ

 

こういったことがよく起きるんですよねぇー。

かくいういまも寝起きで服がしめった状態のまま書いてます(笑)

 

スポンサーリンク

 

もっと薄手の掛け布団にしろよ!

といったご指摘もごもっともなんですが、やっかいなのが、妻との感覚がちがうんです。

よく聞きますよね。夜中に夫婦間でクーラーをつけたり消したり。夫はたいてい暑がりで冷房をつけるけど、妻はそれじゃ寒い。だからお互いが寝てる夜中にこそっと冷房を消したり、温度をあげたり。

 

寝静まった街中でくりかえされる終わりなき闘争…。

これから夏にむけて、そういったカップルも増えていくことでしょう。

それが原因で離婚だなんてはなしに発展しないよう気をつけてね(笑)

 

もう体感温度がちがうのに同じベットで寝たりするからこういったことが起こるんでしょうね。いやはや「仲睦まじい」で片づけてしまうのか、「深刻な問題」ととらえたほうがいいのかなんとも区別がつきません。

 

当事者たちにしてみたら、往々にして大問題だったりもするとおもうんですよねぇ。

だって、おもいっきし風邪ひきますもん!

 

ぼくもいま「若干風邪っぽいなぁー」と感じてますし、しかも汗をかいてるからかノドが異様に乾いてカラッカラ。

のどから風邪にやられそうな気配さえしてきます。

 

まぁ当面は寝るときの服で調節するのがいちばん現実的だとおもうので、着る枚数を減らすなりしてみようかと…。

 

みなさんもこういった経験ありませんか?

 

ね、あるでしょ。

  







-国際結婚

関連記事

Copyright© MO journal , 2017 All Rights Reserved.