うつ病のロサンゼルス駐在時代にハマった映画10選!としたかったけど断念…。すまぬ。

投稿日:




きのう久しぶりに鬱だった当時をじっくりと思い出したけど、いまとなっては当時の振り返りは意外と楽しいものですな。

 

参考 ⇒ ロサンゼルスで鬱病を患い、現実から逃げつづけ病状悪化。病院はマジで早く行ったほうがいいよ

商社マンってリッチ

商社は給与体系がおかしくて、しかも海外赴任となると通常の給料のほかに日当が数千円ぐらい出たんですよ。

それでプール付きトレーニングジム付きのマンションに会社負担で住み、でっかい日産のセレナ(車)まで中古で買い与えられましたからね。

 

いまおもうと、あーいった金ありきの贅沢な暮らしは二度とできないのかもしれません。

したいのかもわかりませんが、それはそれでいい思い出として頭の端っこにでもいれておきます。

 

ロサンゼルスは日本語で用が足りる! 

ロサンゼルスはアメリカ西海岸の大都市で、日本からは直行便が毎日何便もでています。

あたたかい気候で過ごしやすく、日本人もおおく住んでいます。

日本とアメリカとの貿易拠点だし、日系企業もすごく多い。

そしてメキシコ国境も近いので、(車で3時間ぐらい)、メキシコ人も多く住んでるところです。

 

余談ですが、アメリカはメキシコ人の不法入国がめちゃくちゃ多くて、とにかくメキシコ人には気をつけろと注意されてました。

くわしいことは知らないけど、裏社会、闇社会のようなのがあるとかないとか…。

 

きゃしゃで可愛いひともすごく多んですけどね…笑。

ほんとまじかわいい。

 

と前置きがながくなりましたが、そういった背景があることから、日本人むけのお店はいたるところにあります。

日本食レストランや日本の食材だけを扱う日系スーパー、はてや日本語のレンタルビデオ(DVD)店など、場所によっては日本語だけで生活も可能です(たぶん)。大手の本屋やラーメン屋も店だしたりしてます。

スポンサーリンク

 

ごめん、また次回…。

ありゃ、もうここまでで700字を越えてるんですね。

ぼくは記事はサクサクっと書いて更新していきたい派なので、続きはまた次回にしたいとおもいます。まだ本編がまったくスタートしてませんが…。

 

しかも続きはいつ書くかもわからないので、気になるひとは気長にお待ちください。というよりも、むしろ待たないでください。

すぐ書くかもしれないし、1ヶ月後になるかもしれないし、書かないかもしれないので…笑。

 

そんな僕ですが、これからもヨロピク。







-うつ体験談

関連記事

Copyright© motogram , 2017 All Rights Reserved.