コメダ珈琲店で「チリドック」を注文。大きな豆がゴロゴロした、本格的なものを期待するのはやめましょう。あくまでスナックメニューです。

投稿日:

最近よくコメダ珈琲にいく、コーヒー大好きの僕です。

ただブラックは苦手、砂糖がないと飲めません。

さらに、そのコーヒーがフェアトレードであれば、なお喜びます。

 

たしかモスバーガーはレインフォレストアライアンス、ゼンショーのココスレストランはフェアトレード品を使用してたはず。

あーいった生産背景にまでこだわる姿勢をみると、飲み物が一層おいしく感じられます。

 

それでは今回は、コメダでホットドックメニューから、チリドックを注文したのでレビューです。

スポンサーリンク

 

コメダ珈琲店のチリドック

コメダ珈琲店 ホットドックメニュー チリドック 写真

 

メニューにはホットドックの写真はあるものの、肝心のチリドックはありません。

もしかしたら、ロサンゼルス駐在時によく食べた、本場(?)のデカイ豆がゴロゴロはいったチリドックかも?と多少の期待をもちながら注文しました。

 

でもこの400円という価格、スパイシーソースといった説明からも、まず違うだろうなぁとはおもいましたが、案の定、日本でよくみる辛いチリ味のソースがはいったホットドックでした…残念

 

コメダ珈琲店 チリドック 写真

 

ちなみに、海外でチリドックというと、上述のとおり大量の豆とチリソースが入ったホットドックになります。

あれが本当に病みつきになるんですよねぇー。

 

日本でもどこかで食べた気がしますが、忘れてしまいました…。グスン(泣)

 

好きなひともいるようですが、ぼくは断然「フィッシュフライバーガー」と「みそカツサンド」を一押しします。

 

参考:コメダ珈琲が展開する「甘味喫茶(甘)おかげ庵」でモーニング!おにぎりと味噌汁があって、居心地抜群の和の空間がサイコーです。

 

参考:コメダ珈琲店のアイスコーヒーはシロップが入った状態で提供されます。これが絶妙な甘さで病みつき!あみ焼きチキンホットサンドも美味でした

 

悩んでない?ハンドメイド作家におすすめのサービス3つ!

作品づくりの時間を増やすためにも、日々の業務の効率化は大切です。

これまでハンドメイドを制作してネットやイベントで販売してきた経験から、いま利用したいオススメサービスを3つ紹介します。

それぞれの特徴をまとめましたので、いっしょに見ていきましょう!

1位 STORES.jp

最短2分で誰でもネットショップが作成できます。

70万人に選ばれてるサービスで、毎月1万件のストアが作られるほど人気です。

商品登録が無制限で無料、レビューが書き込めるなど、便利な機能がどんどん増えています。

初めてネットショップを作成する初心者にも、他のサービスを使っている中級者にも断然おすすめです。

もし「使いづらいな」「ちょっと思ってたのと違うな」と感じたら、辞めればいいだけです。


2位 Square (スクエア)

かんたんにクレジットカード決済を導入できるサービス。

スマホにカードリーダーを差し込めば、スマホを決済用端末として使えます。

月額料金は無料で、決済にかかる手数料は3.25%と格安です。

さらに入金は最短翌日なので、資金繰りの心配が減りそうですね。

このサービスが出てきたおかげで、カード決済が本当に手軽になりましたよ。

いまカードリーダー(7980円)が無料になるキャンペーン中なので、このお得な機会にぜひ試してみてください。


3位 freee(フリー)

クラウド会計シェアNo.1の会計ソフトです。

全国3630以上の銀行口座やクレジットカードと連動し、経理を自動化できます。

やらなきゃいけない面倒な作業を減らせるので使わないともったいないですよ。

そして早ければ早いほどデータ量は増えるため、あとで使い始めるぐらいならすぐにやってみるのがいいでしょう。

無料で試せるので合わなければやめればいいだけです。


まとめ
成功してる人はこうした便利なサービスを上手に利用しているものです。

すこしでも気になるものは、色々と試してみるのが売上アップの近道ですよ。

-コメダ珈琲店

Copyright© motogram , 2019 All Rights Reserved.