構想期間1年。旅に持っていく「ペーパーウォレット(紙の財布)」ができました。改良を重ねてトライアル販売を始めます。

投稿日:




や〜っと販売できそうです。

構想期間はなんと1年、ぼくはほとんどかかわってないんですが、妻のダヌシュカが黙々とリサーチしてつくりあげた旅行用のペーパーウォレット、つまり紙の財布です。

 

これは完成まえに色々と試行錯誤してたときのもの。

ペーパーウォレット 紙の財布 写真

 

いきなり通販で販売してもいいんですが、ぼくとしてはお客さんの反応をじかにみたいので、ちいさなイベントへの参加をかんがえています。

 

それではこのペーパーウォレットの特徴を、じぶんへのメモもかねてまとめてみます。

材料はリサイクルペーパー

この商品もエコ素材だけをつかうViri Fideの商品として販売していきます。

となると原材料になにをつかうかはものすごく大切。

Tシャツにはオーガニックコットン、リサイクルポリエステル、バンブーすなわち竹繊維をいまのところ利用していますが、ここに新たな商品としてリサイクルペーパーの財布が加わることになります。

 

そもそもこの材料は、ぼくらが東京の調布にアトリエをかまえてたとき、ちかくの住宅リフォーム会社で捨てられる運命にあったものです。

あまったので自由に持ち帰ってください、という貼り紙をみつけたことがこの紙の財布をつくるきっかけになりました。

アート性をもたせた1点ものだけ

色をつけないとただの壁紙なので、そこにどうやって付加価値をつけるかをかんがえました。

ぼくらのTシャツ製作での強みは独自の感性をいかした1点ものなので、その要素を取り入れることにしました。

なので、この紙の財布は1点1点デザインがちがいます。

ぜいたくな世界にひとつだけの味わいとして楽しめるでしょう。

スポンサーリンク

 

強度も十分、なはず

材料が紙なので、心配なのが強度。

つかいはじめてすぐにダメになったんじゃぁ使い物になりません。

ダヌシュカがお試しで2ヶ月つかってますが、まったく問題ないようです。

いままで分厚い財布を利用してたので、この薄さと手軽さが彼女のお気に入りです。

 

Tシャツシーズンが終わりひと段落したので、ぼくも今日からつかってみます。

ぼくはずっとキャサリンハムネットの財布を利用するなど財布にはコダワリがあるので、あらたな課題もみえてくるかもしれません。

 

もう生産終了でみつかりませんが、いま売ってるコレの数年前のモデルをつかってます。

[キャサリンハムネットロンドン] KATHARINE HAMNETT LONDON カラーテーラード 二つ折り財布 490-51905 10 (ホワイト)

[キャサリンハムネットロンドン] KATHARINE HAMNETT LONDON カラーテーラード 二つ折り財布 490-51905 10 (ホワイト)

 

 

じっさいに使った感想はまた時間がたったら報告したいとおもいます。

旅にもっていく財布

コンセプトは、気軽に旅にもっていける財布

旅行はできるだけ荷物をへらしたほうがいいのは周知の事実。

ましてや僕みたいにひとりでふら〜っと2週間ほどバックパック1つで一人旅をするなら、できるだけ身軽にしたほうがいいわけです。

 

それに一度経験があるんですが、旅行中は財布をなくしがち。

あたらしい土地での刺激や出会いから、楽しくも疲れるのが旅です。

なくしやすいのは仕方ないので、だったら失くしてもいいような財布を、と考えました(それでももちろん失くさないようにしたいけどね)

 

ぼくも妻も旅行が好きなので、自然とこうしたアイデアがでてきました。

じぶんたちが使いたい商品をつくれて最高にうれしいです。

これからの改良点

ぼくは今日からつかいはじめるので、いくつか改良点がみえてくることでしょう。

小銭をいれる箇所のマジックテープの貼りかた、表面のちょっとしたグルー感(べたっとした触り心地)がいまパッとおもいつく改良したい点です。

 

販売価格はじっさいにお客さんの反応をみてから決めたいものの、現段階では2500円前後をかんがえています

紙の財布なのでもっと低価格にしようか悩むものの、1点もので手間暇が意外とかかります。エコ、1点もの、そして旅といったブランドの魅力が伝われば、Viri Fideのあたらしいラインナップとして販売するのに十分な魅力があるはずです。

 

以上、まだまだこれから改良をつづけていく僕らの新製品、ペーパーウォレット(紙の財布)の紹介でした。販売しだしたらちゃんとした写真をつけてまた紹介しますね。

 

ん〜、ペーパーウォレットじゃつまんないから、名前もつけっよかな〜。

悩んでない?ハンドメイド作家におすすめのサービス3つ!

作品づくりの時間を増やすためにも、日々の業務の効率化は大切です。

これまでハンドメイドを制作してネットやイベントで販売してきた経験から、いま利用したいオススメサービスを3つ紹介します。

それぞれの特徴をまとめましたので、いっしょに見ていきましょう!

1位 Square (スクエア)

かんたんにクレジットカード決済を導入できるサービス。

スマホにカードリーダーを差し込めば、スマホを決済用端末として使えます。

月額料金は無料で、決済にかかる手数料は3.25%と格安です。

さらに入金は最短翌日なので、資金繰りの心配が減りそうですね。

このサービスが出てきたおかげで、カード決済が本当に手軽になりましたよ。

いまカードリーダー(4980円)が無料になるキャンペーン中なので、このお得な機会にぜひ試してみてください。


2位 ビスタプリント

販促グッズを手軽に注文できるサイトです。

名刺、チラシ、ラベル、Tシャツといったハンドメイド作家に欠かせないグッズが60種類以上もあり、値段も良心的。

 

素敵なデザインのテンプレートがたくさんそろっていますので、初めて名刺やチラシを作成する人でも安心できますね。


3位 freee(フリー)

クラウド会計シェアNo.1の会計ソフトです。

全国3630以上の銀行口座やクレジットカードと連動し、経理を自動化できます。

やらなきゃいけない面倒な作業を減らせるので使わないともったいないですよ。

そして早ければ早いほどデータ量は増えるため、あとで使い始めるぐらいならすぐにやってみるのがいいでしょう。

無料で試せるので合わなければやめればいいだけです。


まとめ
成功してる人はこうした便利なサービスを上手に利用しているものです。

すこしでも気になるものは、色々と試してみるのが売上アップの近道ですよ。

-ネット副業

Copyright© motogram , 2018 All Rights Reserved.