Tシャツ発送用のパッケージは「アースダンボール」を利用。シルクスクリーンでメラメラ熱い気持ちを点火中です。

更新日:




ぼくらが作るViri Fideのオーガニック・デザインTシャツは、シルクスクリーンしたパッケージで発送しています。この包装が好評なのでくわしく見ていきましょう。せっかくなので業者さんも紹介します。

アースダンボール

ダンボール専業で60年以上の歴史をもつ老舗で、ダンボール探してるならとにかくココで探せばみつかるんじゃないかな。それだけ種類が多くて、特殊形状もやってくれるはずです。

 

 

ぼくらがつかってるのはここの薄型の封ができるやつで、日本郵便(郵便局)のレターパックとほぼおなじ形状、ただいろが真っ白でサイズは若干ちいさめ。

 

それを100個だか200個だかをまとめて購入してアトリエでこうやってシルクスクリーンをしていきます。さすがに一気にはキツイので30枚ほどやって、在庫がなくなったらまた30枚といった具合いにプリントしてます。

ふぅ、Tシャツは注文ごとに1枚1枚プリントするので、こうしたシルクスクリーン本来の特徴の大量生産は苦手じゃ。しんどすぎる(笑)とくに腰がミシミシと…。

 

まず1版め。まとめてこれを30枚シュッシュシュッシュやってきます。

紙にシルクスクリーン

 

 2版めもおなじようにシュシュっと。

紙にシルクスクリーン 2版

これでパッケージは完成。

あそんでみたw これで10枚。 

change the world、世界が10回うまれかわります…

 

シルクスクリーンしたパッケージ10個

 

それでTシャツと一緒にいれるのが手書きでお礼をかいた「サンキューカード」、「ショップカード」、「Viri Fideの説明カード」 の3つ。

 

これらは業者にたのんで事前につくってもらってます。

⇒ 名刺やショップカードの作成は「名刺21(meishi21)」がオススメ。ラクスル、ビスタプリントも同時活用したい

 

ショップカード

 

ただ「ポンっ!」といれてもごちゃごちゃするので、綿(コットン)でまとめてます。この一手間が印象をあげてるんじゃないかなぁー。

あ、それとこれはホームページにも今までのブログにもどっこにも書いてないんですが、なにげにこのヒモはオーガニックコットン100%です。キリッ!さりげなくこだわってますよ〜。

 

同梱するカード一式

 

これをシモジマで買ってるクリスタルパック(透明の袋)にいれて、さいしょの「Change the World」パッケージにいれてゆうパックで発送となります。

 

Creemaやminneといったハンドメイドマーケットはすべてレターパックつかってるけどね。自社の通販ページとSoooooSで買っていただいた方のみこうして送っていますよん。

スポンサーリンク

 

 

とまぁこんなところです。調布にいたときは佐川急便を利用してましたが、名古屋にきてからどうもこの管轄エリアの担当者がやるきないんで、日本郵便にかえました。

取りにきてもらうのを待たなくていいので楽チン。コストが少し上がったけど、変えて正解でしたね。

 

あと、このアースダンボール、アフィリエイトで半年ぐらい前に提携の申請してるのにいまだ申請中になってて承認も却下もない。いっさいチェックしてないんですかね?ASP(アフィリエイトプロバイダ)に使用料を払ってるんだろうから、たんに無駄金をつかってるだけな気がしてしまうんですが……。じつは承認のほうだけ連絡してるとけだったりして。なぞだ。

 

ここはあるひ突然メルマガがカオスになったのでまた機会をみて書きたいとおもいます。

それでは。

 







使わないともったいない!無料のホームページ作成ランキング!



1位 Wix

豊富なテンプレートにドラッグドロップするだけで、本格的なホームページとネットショップを作れます。

特徴はこう。

  1. 500種類以上のテンプレート
  2. 簡単操作でデザイン編集
  3. スマホやタブレットにも完全対応
  4. 万全のセキュリティー
  5. 決済オプションも充実
  6. 割引クープン、メルマガ機能

知識がない初心者でも簡単ににきれいなホームページを作れるがすごく良い。

基本的な機能は無料でつかえるので、まずはここで1度ためしてみのが王道です。


2位 Strikingly

Strikingly

スクロール型のお洒落でシンプルなホームページが作れます。

特徴はこう。

  1. テンプレートが豊富。
  2. 感覚的に操作できる。
  3. スクロール型ページのため、スマホでの見た目が素晴らしい。
  4. 無料で利用できる(一部機能は有料)。

Wixとは感覚的にも随分と違います。

ともに無料なので、どっちが使いやすいか試してみて自身に合ったほうを選ぶといいですね。

-ハンドメイド販売

関連記事

Copyright© motogram , 2018 All Rights Reserved.