ハンドメイド品を海外へ売る方法のひとつ、老舗のEtsy(エッツィー)を1年利用した感想です。

更新日:




最終更新日:2017218

 

ぼくはシルクスクリーンで作ったTシャツをネット中心に販売しています。そして外国人の妻がいることからも、海外、とくに英語圏の国にどうやったら販売できるか試してみたことがあります。

 

ハンドメイドサイトのEtsy(エッツィー) 

海外への販路としてまずパッと思いつくのがハンドメイドマーケットの老舗のEtsy(エッツィー)

 

むしろいまの国内ハンドメイドのCreemaやminne、iichiやtetoteがはじまる随分まえから、アメリカで確固たる地位をきずいたサイトです。ちょー有名…はい。

 

ぼくらはTシャツといったほぼ夏限定の商品をつくってるので、日本国内だとどうしても春から夏にかけてが販売シーズンです。

つまり、秋から冬になるともう閑古鳥状態なんですよ、仕方ありませんが。

 

それでじゃ「夏場にもTシャツきる国、とくに一年中暑い国だったらずっと売れるんじゃね?」という単純明快な問いから、シンガポールや台湾へ、そしてぼくらは英語ネイティブだから「英語圏のオーストラリアやアメリカもいけるべ!」といった理由でこのEtsy(エッツィー)をはじめてみました。

スポンサーリンク

 

 1年やってみた結果は…トホホ

なにごとも考えすぎずにやってみること。やればわかるさ!こんなことをアントニオ猪木さんが言ってた気がしますが、まさにその精神。

 

わからないんだったらやってみて、うまくいかないなら止めればいいだけのこと、まずは始めないと2歩目はないよね。

 

…そんな気持ちでスタートしたんです。

 

ちゃんとページも作り込んで、Etsy内の有料広告もちょびっとだけ出しました。もう2年ぐらいまえの話で、すでにtetoteやiichiもはじめてましたからね、海外にも少しは売れると踏んでたのに、1年ほどやった結果は売り上げゼロ!!!

 

いや〜信じられない。ゼロですよゼロ?商品に魅力がないといえばそれまででしょうが、でもねぇ…ぐすん(泣)

 

ただ同じようにハンドメイドのTシャツで、しかも日本人で毎日何枚も売ってるような人気クリエイターを発見しました。うらやましい!

 

が、よくプロフィールをみてみるとその人はニューヨーク在住で、デザインは日本モチーフ。忍者や桜をあしらった、いかにも日本を感じさせるものだったので、そこらへんが外国人にうけたのでしょう。

 

こんな感じのデザインでしたね(いくつか種類があるので商品ページを見てもらえればイメージがつかめるかな)

 

オリジナリティが必須 

1年利用してみた感想としては、Etsyは日本から海外(とくにアメリカ)へ販売するばあい、よほど「日本らしさ」を売りにしたもので、他を探しても「ココからしか買えない」もの、だったら売れるんじゃないかとおもいます。

 

だって他どこ探してもないんですから当たりまえっちゃあ当たりまえです。

 

いっぽう、アメリカ国内にすこしでも似たような商品があるばあい、「いかに商品が安くても、デザインがカッコよくても、かなり厳しいんじゃないかな」と。

 

Etsyはアメリカのサービスで利用者もアメリカ在住者が多い印象ですが、わざわざ日本の出品者から買うメリットってよっぽどじゃないとないんですよね。

 

それに送料でもめたり、返品はどうするか、何かあったばあいに英語で対応できるのか、と不安要素は山ほどあるわけです。

 

それを黙らせるぐらいオリジナティにあふれた魅力的な商品が必要になるので、ハードルは随分たかいんじゃないでしょうか。

 

…なので、外国人をターゲットにした特別仕様のものじゃないかぎり、まずはこうした国内のオンラインマーケットで販売していくのが現実的でしょうね。

⇒ ハンドメイド品の販売方法、イベントの感想をまとめました。Tシャツの作り方も。僕の体験談です。

 

ほかにもいくつか海外向けの販売方法はためしたのでまたそのうち書きます。

それではまた、チャオ!

悩んでない?ハンドメイド作家におすすめのサービス3つ!

作品づくりの時間を増やすためにも、日々の業務の効率化は大切です。

これまでハンドメイドを制作してネットやイベントで販売してきた経験から、いま利用したいオススメサービスを3つ紹介します。

それぞれの特徴をまとめましたので、いっしょに見ていきましょう!

1位 Square (スクエア)

かんたんにクレジットカード決済を導入できるサービス。

スマホにカードリーダーを差し込めば、スマホを決済用端末として使えます。

月額料金は無料で、決済にかかる手数料は3.25%と格安です。

さらに入金は最短翌日なので、資金繰りの心配が減りそうですね。

このサービスが出てきたおかげで、カード決済が本当に手軽になりましたよ。

いまカードリーダー(4980円)が無料になるキャンペーン中なので、このお得な機会にぜひ試してみてください。


2位 ビスタプリント

販促グッズを手軽に注文できるサイトです。

名刺、チラシ、ラベル、Tシャツといったハンドメイド作家に欠かせないグッズが60種類以上もあり、値段も良心的。

 

素敵なデザインのテンプレートがたくさんそろっていますので、初めて名刺やチラシを作成する人でも安心できますね。


3位 freee(フリー)

クラウド会計シェアNo.1の会計ソフトです。

全国3630以上の銀行口座やクレジットカードと連動し、経理を自動化できます。

やらなきゃいけない面倒な作業を減らせるので使わないともったいないですよ。

そして早ければ早いほどデータ量は増えるため、あとで使い始めるぐらいならすぐにやってみるのがいいでしょう。

無料で試せるので合わなければやめればいいだけです。


まとめ
成功してる人はこうした便利なサービスを上手に利用しているものです。

すこしでも気になるものは、色々と試してみるのが売上アップの近道ですよ。

-ハンドメイド販売

Copyright© motogram , 2018 All Rights Reserved.